がん遺伝子治療の相談センター

24時間相談受付0120-080-503

がん遺伝子治療の相談センター

24時間相談受付0120-080-503

肝臓がんと診断されても諦めないステージ4の方でも受けられる最適ながんの遺伝子治療をご提案いたします

肝臓がんと診断されても諦めないステージ4の方でも受けられる最適ながんの遺伝子治療をご提案いたします

1人で悩むより24時間受付の相談窓口へご連絡してください
メールでのご相談はこちら >
がん治療の相談センター お電話でのご相談はこちら >メールでのご相談はこちら >

悩んでいるのはあなただけではありませんこんなお悩みはございませんか

悩んでいるのはあなただけではありませんこんなお悩みはございませんか? そんなお悩みをお持ちのかたは是非、私たちに相談してください

悩んでいるのはあなただけではありませんこんなお悩みはございませんか

悩んでいるのはあなただけではありませんこんなお悩みはございませんか? そんなお悩みをお持ちのかたは是非、私たちに相談してください
メールでのご相談はこちら >
がん治療の相談センター お電話でのご相談はこちら >メールでのご相談はこちら >

その他のガンと比べ生存率が5分の1 肝臓がんの特徴とは?

がんとは、細胞ががん化して悪性腫瘍になったものです。
同じ幹細胞がんでも、肝臓の中を通る胆管ががん化したものは、[肝内胆管がん(胆管細胞がん)]と呼ばれており、肝臓がんと肝内胆管がんは、治療法に違いがあるため区別されております。1年間に10万人あたり約32人で、男性に多い傾向です。さらに肝臓がんは肝機能に影響を及ぼし慢性肝疾患をほぼ伴っています。
また、特徴として前立腺や、甲状腺、胃などその他の部位のガンと比較し生存率が5分の1です。

肝臓ガンの場合、転移するとさらに
生存率が10分の1以下に…

知っておきたいがん治療の基本

がんの治療法には、保険診療で行う外科療法抗がん剤放射線治療の他にも、自由診療として免疫療法がん遺伝子治療などがあります。

1.外科治療(手術) 2.抗がん剤(化学療法) 3.放射線療法
がん遺伝子治療免疫療法 5.その他(日本未承認薬)

ご存知でしたか?ガンの転移がある・なしで生存率にこんなにも差が出ています

ご存知でしたか?ガンの転移がある・なしで生存率にこんなにも差が出ています

転移のないガン(限局がん)の10年生存率

転移のないガン(限局がん)の10年生存率 男性 転移のないガン(限局がん)の10年生存率 女性

引用文献:全国がん罹患モニタリング集計 2006-2008年生存率報告(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター2016)独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度広告書

転移してない限局がんは生存率が高い傾向にあります。このような、転移のしていない初期のがんは手術が第一の選択肢です。部位によって放射線だけで完治を目指すことも可能です。

転移があるガン(遠隔がん)の10年生存率

転移があるガン(遠隔がん)の10年生存率 男性 転移があるガン(遠隔がん)の10年生存率 女性

引用文献:全国がん罹患モニタリング集計 2006-2008年生存率報告(国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センター2016)独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度広告書

転移のある場合の生存率は、転移がない場合と比較し、約4分の1以下と著しく低下します。また転移がある場合、保険診療では治療が受けられないケースも発生し、医師によっては緩和医療やホスピスを勧めることもあります。

肝細胞がんの5年生存率は…

がんの種類 ステージ 5年実測
生存率(%)*
5年相対
生存率(%)*
肝臓 53.3 59.6
32.0 35.6
12.6 14.0
1.7 1.9
不明 21.6 24.9
31.6 35.3

転移があればさらに生存率が低下…

大腸がん肝転移術後生存率

転移個数 1年生存率 3年生存率 5年生存率
1〜3個 93% 67% 55%
4〜7個 93% 59% 44%
8個以上 89% 49% 33%
全症例 93% 66% 51%

生存率の低い肝臓ガンにおいては、3大治療で効果が期待できなかったりそもそも行うことが不可能なケースもほとんどです。

でも諦めないでください!!今、ガンの治療方法は日々進化しています

外科医療 抗がん剤 放射線治療 + 遺伝子治療 難しいがんには三大標準治療の混合治療

がんは種類によって適切な治療方法が異なります。

がんの転移を抑えながらがん細胞の自然死を促す“がん遺伝子医療”を三大標準治療と合わせることが治療の可能性を効果的に引き上げることに繋がるのです。

がん遺伝子治療とは?

がん遺伝子治療とは?

がん治療は”遺伝子”の時代へ

がん治療は、患者様個人のレベルで最適な治療方法を分析・選択する考え方が主流となりつつあります。
型にはまった治療法ではなく、細胞を遺伝子レベルで分析し、適切ながん抑制遺伝子のみを投与して治療を行うことも可能となりました。
がん細胞の性質を分子レベルで捉え、それを標的とする新しい抗がん剤もたくさん開発されています。すでにがんを引き起こす遺伝子や、がんを抑制している遺伝子も数多く発見されているのです。

ガン治療

がん遺伝子治療はどうしてがんに効果があるのか

がん遺伝子治療とは、がん細胞を破壊や体内から取り除くことではなく、細胞の正常化を目指します。

そもそもがんは、遺伝子の損傷によって変異した細胞が増殖していくことで大きくなります。変異した細胞を正常に近づけることや、損傷した遺伝子を修復することでがんを体内から消していくのです。

細胞に攻撃を与えないため身体への負担も少なく、再発がんや転移がんに対しても有効な治療が行えます。

月に2~4回の点滴で効果を発揮する最新のがん抑制遺伝子

がん遺伝子治療は症状に応じて月に2~4回の点滴治療を行います。遺伝子治療ではウイルスベクターと呼ばれる「遺伝子の運搬役」に、がん抑制遺伝子を乗せてがん細胞に届けます。

国内の医療機関によってどのベクターを選ぶかは異なりますが、がん研究の結果を踏まえて、効果が長く続き、安定して発現するウイルスベクターを選び抜いて使用しています。

最新技術により実現した治療を受けるリスクの軽減

抗がん剤や放射線治療に副作用があるように、がん遺伝子治療にも少なからず副作用はあります。

遺伝子治療では遺伝子タンパクと呼ばれるタンパク質を体内投与するので、そのタンパク質に対してアレルギー反応が出ることがあります。
また副作用として発熱や血圧低下が起こる場合もありますが、解熱剤や少量のステロイドを投与することで、副作用はほぼ抑えることが出来ます。

がん三大標準治療と併用することで相乗効果が期待できる

がん遺伝子治療は手術や抗がん剤治療、放射線治療と併用することでそれぞれ相乗効果が期待できます。

手術によって腫瘍を根幹から切除したとしても、検査や目に見えないレベルのがん細胞が体内に点在している可能性は十分にあります。
遺伝子治療は点滴による全身治療を行うので、微細ながん細胞に対しても効果を発揮し、がんの再発や転移の危険性を抑制することが出来ます。

抗がん剤は遺伝子治療と同じく全身に効く治療で、再発や転移の予防にも効果がありますが、がんに耐性が付くと効果が無くなります。
遺伝子治療は耐性にならないだけでなく、抗がん剤の耐性を改善することもあります。また遺伝子治療を併用することで抗がん剤の投与量を減らし、抗がん剤の副作用を減らすことも期待できます。

がんの種類を選ばずに治療ができる

がん遺伝子治療の優れた点として、がんの種類を選ばずに治療を行うことが可能です。
もともと、がんというのは遺伝子の異常が原因であり、その原因に対してアプローチを行う遺伝子治療は非常に理にかなった治療法だといえます。
また正常細胞に悪影響を与えないため、がんの進行具合を問わずに治療が行えます。

がんの予防から、術後の再発予防再発治療体力の減退した末期がんの患者様まで、どんな病期の方でも治療を受けることが可能です。

さらに遺伝子治療はがん幹細胞(がんの根源)に対しても効果を表します。
がん幹細胞はとても強く、放射線治療にも耐えることもあり、抗がん剤に対しても耐性になることがよくあります。

手術で取り残すと、ほとんどの確率でそこから再発してしまいます。
そんながん幹細胞に対しても有効な治療法が遺伝子治療なのです。

メールでのご相談はこちら >
がん治療の相談センター お電話でのご相談はこちら >メールでのご相談はこちら >

無料相談からご案内までの流れ

お申し込み

お申し込み

無料フォームに入力、もしくはお電話にて、がん治療相談のお申し込みをしてください。

ヒアリング

ヒアリング

ご希望の日時に相談員が折り返しお電話をして、現状のヒアリングをさせて頂きます。

治療法のご案内

治療法のご案内

ヒアリング結果をもとに、保険診療や自由診療の中で今の症状に最適であろう治療プランをご案内します。

ご紹介

ご紹介

必要に応じて、相談者様のお住まいに近いクリニックのご案内や専門医のご紹介をいたします。

Step 1お申し込み

お申し込み

無料フォームに入力、もしくはお電話にて、がん治療相談のお申し込みをしてください。

Step 2ヒアリング

ヒアリング

ご希望の日時に相談員が折り返しお電話をして、現状のヒアリングをさせて頂きます。

Step 3治療法のご案内

治療法のご案内

ヒアリング結果をもとに、保険診療や自由診療の中で今の症状に最適であろう治療プランをご案内します。

Step 4ご紹介

ご紹介

必要に応じて、相談者様のお住まいに近いクリニックのご案内や専門医のご紹介をいたします。

私たちの理念

– 1 –

徹底した「患者様 第一主義」で丁寧にご対応いたします

– 2 –

無理なご紹介は一切いたしませんのでご安心ください

– 3 –

「安心」して受けられる治療を必ず見つけ出します

– 4 –

お客様との「信頼関係」を大切にして誠実ご対応します

– 5 –

最新の情報を駆使し「最適な治療が受けられる病院」をご案内します

私たちの理念

– 1 –

徹底した「患者様 第一主義」で
丁寧にご対応いたします

– 2 –

無理なご紹介は
一切いたしませんのでご安心ください

– 3 –

「安心」して受けられる治療を
必ず見つけ出します

– 4 –

お客様との「信頼関係」を
大切にして誠実ご対応します

– 5 –

最新の情報を駆使し
「最適な治療が受けられる病院」をご案内します

がん専門治療コーディネーター紹介

コーディネーター原田 美則

がんと宣告された時、多くの方は冷静でいられず、
言われるままに治療を進めてしまいがちです。
「あの時こうしておけばよかった」と後悔しないために、
貴方のための「ベスト」を共に見つけて参ります。
心の底にある不安や悩みも含め、お気軽にご相談ください。

コーディネーター峯 正光

患者様の価値観やライフスタイルに合った治療を実現する
ためのアドバイスや患者様のご不安な部分をサポートさせ
ていただき治療法を一緒に考えて参ります。

よくあるご質問

Q01どんな治療方法になりますか?
A.点滴での治療となります。
Q02どのくらいの期間受ければ良いか?
A.患者さまにもよりますが、2クール(11回)受けていただいております。
およそ2ヶ月半〜3ヶ月の治療期間となります。
Q03標準治療と併用は可能ですか?
A.可能でございます。
入院の必要がなく、通院にて治療を受けて頂く事が可能です。
先進医療特約は適応外です。但し、がんの通院特約はおつけすることは可能です。
メールでのご相談はこちら >
がん治療の相談センター お電話でのご相談はこちら >メールでのご相談はこちら >

メールフォームでのお申し込み

お名前
ふりがな
都道府県
ご住所
お電話番号
Eメール
ご相談内容

がん遺伝子治療クリニックグループ/個人情報保護方針